年々需要の高まりを見せる電話占いでは悪徳業者が存在するのでしょうか?

MENU

電話占い業界にも悪徳業者はいる?優良業者の見極め方は?

電話占いの市場規模は年々増加していて、毎年多くの新参業者が登場しています。
一部ではヴェルニよりも魅力的な無料ポイントのプレゼントや安い料金設定をしているケースもありますが、一部で悪質業者もいるので注意しましょう。
実際に悪徳業者はどのような手口を使っているのか?そして優良業者の見極め方について紹介します。

 

 

あからさまな詐欺行為はない

電話占いは占い師が電話で対応し、時間制で料金管理をする複雑なシステムを構築する特性から、利用していない部分や事前に明記した料金とは異なる金額を請求するトラブルはほとんどありません
一部で無料ポイントや事前課金したポイントを消化しても強制終了にはならず、後から利用した分を高額請求を受ける事例があります。
ちなみにヴェルニの場合は後払いと先払いから選択できるので、先払いを選択しておけば使いすぎて思わぬ高額請求を受けるリスクがないので安心です。

 

悪徳電話占いサイトは、架空請求などの悪質な詐欺行為はしていないものの、腕のない占い師が多数在籍して中身の濃い鑑定をするよりも時間を長引かすことしか考えていないケースがあるので注意しましょう。

 

 

悪徳業者の陥る負のループ

悪質業者のイメージ

悪徳業者は集客力がないため、在籍している占い師は鑑定を長引かせて1回の単価で稼ぐことを求められる状況です。
電話占い師は基本的に完全歩合制になっているので、本当に精度が高い鑑定を1回平均30分、1日平均4回行うよりも、強引に2時間以上の長時間鑑定を行った方が稼げてしまう報酬システムになっています。
集客力がないと占い師の実力を問わず時間を長引かせようとして、鑑定内容は薄いのに長時間の鑑定を受けるハメになるので注意しましょう。

 

また、悪徳業者の電話占い師は、鑑定時間を稼ぐために相談していない分野で嘘の忠告をすることがあります
たとえば恋愛相談したのに「それよりあなたは健康運が非常に悪い状況です。早期に対策を取らないと大変なことになりますが鑑定を受けますか?」など、脅しのような言い方で幅広い鑑定を提案してくるのが定番の手法です。
このように、悪徳業者の電話占い師は集客力がなくて稼げないことを理由に、粗悪な対応をされるケースが多いので注意しましょう。

 

大手の優良業者なら高い集客力を持っていますが、優良業者は占い師の競争が激しく腕のない占い師は集客で苦労します。
その結果、悪徳業者は腕がない占い師ばかりが集まってしまい、どんどんサービスの質が下がって悪質な運営に変わっていく負のループに陥る仕組みです。

 

 

優良業者の見極め方

悪徳業者の手口や注意点を見れば理解できると思いますが、優良業者は高い集客力を持っていることが求められます。
そのため、必然的にヴェルニなどの大手は信頼性が高く、実績や規模が小さい新参系は利用するリスクが高いです。
ヴェルニを使わない場合でも、在籍している占い師の数や運営実績が豊富な大手の中から鑑定先をピックアップするとよいでしょう。

 

電話占いサイトは実績と集客力が重要なので、外部の口コミ投稿サイトやSNSから評判をリサーチすることが大切です。
また、料金の支払いを巡るトラブルで圧倒的に多いのは後払い決済なので、自動的に後払いに移行するシステムになっていないかチェックしておくとよいでしょう。